【民事手続】損害賠償

真相解明

 

賠償金の計算

 任意保険会社は社内基準(任意保険基準)で賠償金を提示します。しかし,損害賠償額の算定には裁判基準(弁護士基準)があり,基準により賠償額が異なります。大きく異なるのは,慰謝料と逸失利益です。逸失利益は理論上に差はないのですが,年収等に減額数値を採用して,賠償金の提示が低額になっている場合があります。

本人交渉

 算定基準は解決方法と関係があります。被害者本人が裁判基準で交渉しても裁判基準での解決は困難です。

 

弁護士の計算

 任意保険会社と弁護士との交渉は裁判基準です。示談も訴訟も裁判基準です。弁護士に依頼すれば,解決方法を問わず,ほとんどの場合,賠償金は増額します。

事故態様と被害事実

 しかし,基準は計算方法にすぎません。事故は千差万別です。同じ事故はありません。重要なのは,裁判基準を適応する個別具体的な事故態様と被害の重大性,事故の真相解明です。

​>被害者弁護士

>目次

>相談無料

電話は0120-764-110へ

​LINE相談は こちら へ