【刑事手続】加害者の処罰

捜査段階

情報不足

 通常,捜査段階では,事故の具体的な情報は開示されません。事故態様,事故原因,飲酒運転,居眠り運転,脇見運転もわかりません。

捜査段階で出来ること

 捜査段階で,被害者に出来ることはあります(しなければならないことではありません)。警察の段階では,担当捜査員に真相解明を求め,捜査の進展状況を質問し,現場写真を撮影し,目撃者探しに努力し,被害者側の有利な情報を伝達し,被害者調書で厳罰意思を明示し,事故について調査したことや心情等を上申書にして提出できます。また,被害者連絡制度の希望を伝えれば検察官送致などの連絡があります。検察の段階では,被害者通知制度の申出,被害者調書での厳罰意思の明示,起訴を求める「上申書」の提出等ができます。上申書は刑事記録になります。刑事記録は刑事処罰と民事賠償の重要な証拠です。

起訴と不起訴

 捜査が終了すると,検察官が起訴または不起訴を決定します。不起訴の場合,理由のほとんどは「起訴猶予」です。しかし,詳しい理由は開示されません。被害者は情報不足のまま悩みます。事故の真相解明,損害賠償請求のためには起訴猶予の具体的理由,不起訴記録の早期全面開示が必要です。

>裁判段階

>目次

>相談無料

電話は0120-764-110へ

LINE相談は こちら へ