交通事故の日に病院と警察から突然の連絡を受け,被害者家族の生活が激変します。治療・手術・介護・喪失・精神的経済的不安等に直面し,刑事・民事の手続が始まります。

 平穏な時間を望みますが,各種連絡が入ってきます。捜査機関から捜査の協力を求められます。加害者の刑事弁護人から示談と嘆願書の打診を受けます。加害者加入の保険会社から示談交渉の連絡があります。被害者の落度を指摘されることもあります。

   被害者は心身ともに傷つき,後悔から自分を責めて悩みさえしま す。被害者の立場を一人で我慢すると更に辛くなります。泣きたいときは泣きましょう。家族や友人と話しましょう。味方をしてくれる被害者側専門の弁護士に相談しましょう。お話をお聞きします。相談は無料です。

電話相談は

0120-764-110へ

​LINE相談は  こちら へ

>次へ

【刑事手続】加害者の処罰

>目次

目次 交通死被害者家族相談室

 

交通死被害者家族相談室

被害者の苦悩>弁護士相談の勇気 

刑事手続加害者の処罰 

 捜査段階 捜査段階で出来ることの例と起訴・不起訴

 裁判段階 刑事裁判で出来ることの例と上申書・陳述書

民事手続損害賠償 

 示談交渉 対立当事者>示談の代行と交渉​>示談金の計算

 真相解明 事故態様と被害事実>交通事故訴訟

被害者側弁護士 弁護士の選択

津法律事務所​ 津法律事務所>弁護士費用>Q&A>弁護士

アクセス・お問い合わせ

上申書と陳述書

検察庁に提出 

上申書 死亡16歳女子の父

​上申書 死亡16歳女子の母

上申書 死亡被害者の妻

上申書 死亡男児6歳の父

上申書 1級16歳女子の母

(高次脳機能障害)

刑事裁判所に提出     

陳述書 死亡高1女子の母

陳述書 死亡20歳女子の母

(加害者飲酒運転)

陳述書 死亡20歳女子の姉

陳述書 死亡高齢者の妻

(加害者ながら運転)

民事裁判所に提出 

陳述書 死亡21歳女子の父

(娘の僅かな命の鼓動)

陳述書 長期入院後死亡の妻

陳述書 1級女子

(脊髄損傷)

陳述書 1級女子の母

 

ホームページ(リンク)

交通事故被害者のための弁護士事務所

交通事故被害者家族相談室

交通死被害者家族相談室

LINE交通被害相談室

相談無料

電話相談は

0120-764-110 へ

​LINE相談は  こちら へ

>ページのトップへ戻る